FC2ブログ

川崎でオフ会をして 横浜でオフ会をして 最後はワインバーでジャンケンポン(その1)

先々週 土曜日のことだが…。

この記事は3部作で書かせていただくことを最初にお断りしておく。
だって、書くネタがないのだよ、転勤以来は外食が減っているものだから。
自分が数年間を一日も欠かさずに記事をあげ続けることができたのは、文才があるわけでも何でもない、川崎と言う勤務地に会って日に最低限一食は外食をすると言うことが可能だったからなのだ。
それが西東京に移って以来は2日に一度、あるいは3日に一度のペースになってしまった。
これではもう続けようもないのだが、今のところは無理くりにつないできているね。
さて今朝の記事は、先々週の土曜日に行われたオフ会の話になる。
この晩のメンバーは「自走式移動胃袋」のとも2様と1次会。2次会は場所を変えて「濱のおいしい小径」のヌシ様が合流。
ヌシ様は仕事の都合で2次会からの参加だから、自分はとも2様とフライングで1次会をする。
1次会は互いの都合が好い川崎にて、17時から始める。
「ぶらくりさん、「八ったん」にしましょう」と言うのは、自分が知らない川崎の牛たん屋を教えてやろうとのとも2様のご配慮からだ。
DSC_20191005 (8)
とも2様について行ってここだと言われた店を、自分は知らなかった。
店は先日に行った「立ち飲み 天下」に近いと思う。
とにかく行き慣れないエリアだからね。
DSC_20191005 (1)
店に入ってみると8人掛けくらいのカウンター席、その他に4人掛けのテーブルがふたつあるのかな。
始めはビールからもらうが、自分はとも2様とお会いする直前までT楽団の練習でしごかれていた。
くたくただったので出されるなり呑んでしまった。
失礼をしました。
DSC_20191005 (2)
牛たんの専門店と言って好いのだろう、品数は少ない。
にも拘らず客がひっきりなしに入る。
牛たんにしっかりと腰を据えて旨いものを出しているから、客に認められているらしい。
ふふふ、愉しみだね。
DSC_20191005 (3)
ヌシ様との待ち合わせは横浜駅に1時間半後、あまり時間もないがさくさくっといただくことにしましょう。
これは牛タン煮込み
タンのぶつ切りかな、根菜とともに煮込まれている。
自分は何度も食べているからと、とも2様が皿を自分の方に寄せてくださる。
自分はひと口食べた時から参っているから「そうですかぁ、悪いですなぁ」と喜んでぱくつかせていただく。
これは旨かったね。
この店、転勤する前に知っておくべきだったよ。
DSC_20191005 (4)
牛タンを焼いたもの。
ほう、同じ川崎の「杉作」、チェーンの利休などと比べると見た目に大分に違うようだね。
肉厚で旨そうだな。
白菜か何かをそえてあるね、こう言うものがありがたいんだよね。
ひとつを箸で取って口に運んでみる。
おお、塩胡椒がしてあるのかな、好い味わいだね。
DSC_20191005 (6)
ネギ・ししとう焼き。
スパイスは牛タンと同じものだろうね。
軽く振られて、味わいもはんなりと。
ネギも好いが、獅子唐が旨い。
自分はこうした焼きものをいただく機会が少なくてね。
DSC_20191005 (5)
牛タンをにぎにぎと噛みしめる。
自分は焼肉は食べないと言うのは、さすがに脂が多過ぎて食べられないからだ。
昔はカルビでもハラミでも美味しくいただいたのがだが、もう10年くらい前からは全く食べられなくなってしまった。
それでも牛タンは大好きだ。
安くないから滅多に食べないが、こんな日のような機会があれば美味しくむしゃむしゃといただいてしまう。
この日も格別に旨かった、もっと早く知っていたかったね。

と言うわけで、とも2様のエスコートで向かった「八ったん」は凄く好かったと思う。
この店、もう一度 来たいね。
そのために川崎で降りると言う真似はしないと思うが、なんとかしてチャンスを掴みたいね。
スポンサーサイト



コメント

そうそう。三軒行ったら3本の記事にする。
これ書く方も楽だし、ネタが続きます(笑)。

牛タン専門であの辺りに店を構える。
役所の人が使うのかな。
いいと思います。

No title

王子の狐様
こんな書き方でもしないと続きそうになくなってきましたよ(笑)
この日は土曜日でしたので、市役所の人と言う感じでもなかったのですが、平日はそうかも知れませんね。
厨房は女性おふたりでしたが、その分は店に柔らかい空気が流れていましてね、雰囲気も好かったんです。

なるほど~

「牛タン」堪能とは この品々のことだったのですね (^▽^)
それなりの立派なお値段ではありますが
これだけ厚みがあるのなら納得できちゃうかも~

八ったん

牛たんですか!
煮たものと焼いたものが
出て来ましたね!
ビールもたんと召し上がれ!
ワハハハ

No title

小径のヌシ様
やはり牛たんは噛みしめて滲む肉汁、にぎにぎとした食感、これだと思っています。
申し分なく美味しい牛たんでございましたよ。

No title

ダヴィッド様
美味しい牛たん屋でした。
好きなんですが年に一度くらいしか食べません。
この店をもっと早く知って入れば、もっと頻繁に食べたと思います。

No title

牛タンをにぎにぎと噛みしめる.
と言うこのフレーズだけでやられちゃいました。
参りました。

牛タンにぎにぎのところで私も牛タンを噛み締めたくなりました。
メニューがシンプルでわかりやすいし、何を頼んでも美味しそうなので、メニュー制覇したくなっちゃうなあ。

No title

やま ぽよん様
牛たんは奥歯でギュッと噛みしめて、あふれ出る肉汁を味わう、そんな食べ方が好いですね。
ギュッと噛みしめないと食べた気がしません、正ににぎにぎとです。

No title

するめ様
あははは、にぎにぎは共感を得られそうですね。
あの食感が好きなんですよね。
あー、また食べたくなっちゃったなぁ。

八ったん行った事なかったんですね!
あちら方面は辛い麺ばかりでしたもんね。
それもご無沙汰ですね。

No title

山葵様
はい、初めてでした。
もっと早く知っていたかったです。
きっと数か月に一度は通ったんだと思います。
川崎は、これだけの誘惑で降りるには余りにも好い店が多過ぎて、これからではこちらまでたどり着けるかわかりません。

こんにちは。
川崎には美味しい牛たん店がいろいろあるのですね〜(^^) こちらのお店のことは知りませんでした。
あの厚みがいいですね! すごく美味しそうです。

げっ (/--)/

まだ記事にされるのは暫く先と読んでいたのに、このタイミングですか (笑)
そうか、ネタ切れかぁ… ソコまでは読めませんでした f(^_^;)

焦ってカウンターを打ちましょう!

No title

浜雪様
こんばんは。
自分も川崎にある牛たんは「杉作」だけだと思っていたのですが、まだまだあるのですね。
この店は嬉しい発見でした。

No title

とも2様
ごめんないさい、仰る通りにネタ切れです。
これから先、どうなっちゃうのでしょう。
本当に参っています。
非公開コメント

プロフィール

ぶらくり佐藤

Author:ぶらくり佐藤
Instagramもやっています。
burakuri_satoで検索してみてください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR